サッカー
by nmasafumi
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
サッカー五輪代表候補 男女3..
at 2012-06-15 13:20
明日は!
at 2012-06-02 14:03
ザックジャパン、濃い内容での..
at 2012-05-23 12:00
287日ぶり!本田、ザックジ..
at 2012-05-10 14:21
ドルトムント、香川に今月末ま..
at 2012-04-27 20:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


サッカーU-23代表 OA枠、期待と不安 戦力大幅アップも拘束力曖昧

ロンドン五輪に出場するサッカー男子のU-23(23歳以下)日本代表の選手選考で、日本サッカー協会や関塚監督は海外組招集、最多3人となっている24歳以上のオーバーエージ(OA)枠活用の方針を打ち出し、Jリーグの各クラブなどに協力を求めた。経験豊富な3選手がチームに加われば、大幅な戦力アップが確実だが、選手の拘束力については根拠が曖昧で、6月にはW杯最終予選もスタートすることから、難航も予想される。(奥山次郎)

◆クラブ側が拒否

国際サッカー連盟(FIFA)は3月の理事会で、「各クラブは五輪に出場するU-23代表に選出された所属選手の招集を断ってはならない」との見解を示した。しかし、FIFAが2008年の北京五輪で同様の通達をした際、当時21歳だったメッシ(アルゼンチン)が所属していたバルセロナ(スペイン)などが反発。訴えを受けたスポーツ仲裁裁判所(CAS)は、「選手派遣の強制力はない」との判断を下した。

メッシに関しては最終的にバルセロナが派遣を認め、アルゼンチンの金メダル獲得に貢献している。しかし、ロンドン五輪でも選手の拘束力が生じるかは微妙で、A代表でもある香川(ドルトムント)や宮市(ボルトン)といった23歳以下の選手とOA枠の選手についても、クラブ側が派遣を拒否する可能性は十分に考えられる。

◆W杯予選影響も

国内クラブにも同様のことがいえる。五輪代表に選ばれると、五輪期間中も開催されるJリーグの4試合には出場できなくなり、大幅な戦力ダウンになりかねない。北京五輪の際は大久保(神戸)をOA枠で選出予定だったが、所属クラブが拒否、断念せざるを得なかった。

6月にW杯ブラジル大会のアジア最終予選が始まることも問題を複雑にしている。W杯予選を優先する協会の原博実・強化担当技術委員長は「6月にはW杯予選3試合があるので難しい部分はある」と話していて、A代表組はOA枠どころか、23歳以下の選手でも五輪に派遣しない可能性もある。

関塚監督は「チームをスケールアップできるのであれば、ベストなメンバーを選ぶ」と海外組招集とOA枠活用に期待を寄せると同時に、「自分の力の及ばない範囲の問題もあるので今の段階では何ともいえない」と現実も理解する。協会と関塚監督はもつれた糸をほぐしていくような難しい交渉と決断を続けていくことになる。

クラブとの兼ね合いは毎年難航していますよね。。。

もちろん個人的にはオリンピックでもいい試合がみたいので、OAは使って欲しいのですが、選手にも負担かかるし難しいところですよね。
[PR]
by nmasafumi | 2012-04-18 13:38
<< ドルトムント、香川に今月末まで... 沢、順調に回復 監督は開幕戦起... >>